1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

注文の多い料理店 宮沢賢治

宮沢賢治は驚異的なスピードで書いていたという
自由詩800以上 短歌800以上 その他数十編 
その中で 自身でみとめ発刊されたのは「春と修羅」、「注文の多い料理店」この二冊のみ
それ以外にも、現在は多数発刊されているが、それらは彼の望むところではないのかもしれない
大正時代の本なので現在手にしているものも、彼の意思は無視され解体され編集されているのかもしれない
是非、完全版の復刻を!!

多い時で月3000枚 一日に100枚あまりも書きまくっていた宮沢賢治
その原動力はどこからきたのだろうか
その言葉は喜びにあふれている 人間の幸福や清浄さをうたっている
電信柱やネコ 森や林 世界にあふれるものの生活や言葉を感じていたに違いない
触れるもの全てから生きる喜びをもらっていたんだろう

・・・というわけで気になったら読んでみてください
スポンサーサイト

「注文の多い料理店 宮沢賢治 」へのコメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「注文の多い料理店 宮沢賢治 」へのトラックバック

http://ariatomics.blog34.fc2.com/tb.php/39-37949790

プロフィール

-亜理-

Author:-亜理-
ジェットコースターのような人生を送る亜理のマインドガーデンをちょっとだけ見せちゃう                検索できた方はコチラ↓
http://www.geocities.jp/gikouen_7/ きまぐれ更新の本家サイトです

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。