1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウエストライド ダウン インプレ

忙しくてバイクに乗る機会もあまりなかったのだが、寒い日を選んで何度か着てみた

暖かいことは暖かい 

しかし、劇的に。とはいかない

毛足がそんなに長くないのが原因だと思う

横浜駅から八景島にいくころには結構冷える

バイクを降りればホンワカしてくるので許せるが。。。

アバクロのダウンが一番暖かい 毛が天然なのがいいのかも

バイクに乗らないのであればドルガバが一番 毛足は一番ながい 下はTシャツで十分

ウエストライドは何よりも合成の毛が、若干抜けやすい

致命的なのは袖口と襟まわりの部分が毛玉になりやすい

グローブとメットでこすれる部分なのでホントに致命的

ジッパーより外側部分の処理が甘いので咬んだりします

五万円でこれだとちょっと残念です

どうしてバイク用品ってこうなの??

使い捨てだから??

TRX ナイトロン導入

今年はTRXを思いっきり振り回す予定なのでリヤサス新調しました

KDXでモタード用サスを作ってもらったテクニクスの絡みでナイトロンを導入

誰も使ってないし人柱的にもいってみようと思いマース


★とりあえずデフォのメモ★

コンプ 16段/8戻し

リバウンド 23段/10戻し

スプリング全長 155ミリ

イニシャル 14ミリ 

車高調整 0ミリ


本体はすごく軽いですね 

二段戻しでしばらくナラシします

温かくなったらヒザスリ用にセットアップします


ポケバイ耐久レース編

すいません 
仕事の急がしさに負けて、歳が明けてしまいました 
と 更新が遅れた言い訳をしてみました 
ごめんなさい



レース本番
ルマン式スタートなので、各チーム適当にグリッドにつく
第一ライダーは天野君 
やったぜ ルマン式だと知っていたので(みんな知っている)スタートの練習を昨日しておいたのだ
クラウチングスタートのな!
さぁ 天野君!昨日の練習とおりにスタートだ って普通に構えてるじゃないか!
クラウチングはどうしたんだよ

それはさておき
普通にスタートし普通に集会を重ねている、と思った矢先に
ギャラリー前でハイサイド!
転倒一号です
そんなこんなでライダー交代
そーじろさん出撃!
ガンガンせめる 
が、またハイサイド!
メットもかぶっていないのに亜理の番に・・・
いそいで装備して出撃!

って おい いきなりFブレーキがスカスカじゃないか
Rもおくまで握りきれてる
我チームのライダーこれで走ってたの?
教えてくれよー びっくりするじゃない 

しょうがないのでRブレーキのみで走る
当然すべる
下りヘアピンでは完全にドリフト
いや もうすべてのコーナーでドリフト状態

だって負けたくないもの
本気さw

なんて調子こいてたらハイサイド スリップダウンの連発
タイヤがもうダメらしい

なのでピットインして天野君に代わる
その時に気になっていたFブレーキを治す
治したつもりで天野君をおくりだす
「ゆっくり走って完走しようぜ」って言って。
しかしすぐピットイン
どうやらキャリパーのなんだか解らないが重要な部分を締めすぎたらしい
急いで修理  と思ったらかなりの熱で亜理の指がヤケド!そして裂傷!
すごい攻撃力

まあ 完走できれば と思い送り出したのはいいが・・・
バックストレートで スパン!
予想とおりにリヤがバーストしました
アナウンス 「おおーーーっと チームアリジック!バーストかぁ!?」
会場「ギャハハハ」

・・・あの音でバースト意外は考えられないだろうw
アナウンスしなくてもww 

まぁ そんな感じでリタイヤでした


予想はしてたんです
でも出場したかったんです
今年は本気でいきますよ

だってホラ
本気でしょ? 

ポケバイ耐久当日

そーじろさんの視点より 
上記を読んでから↓にどうぞ 


そして 当日。
早めに行って整備や下見をしようということで15時に現地集合
・・・のはずが保土ヶ谷バイパスに乗ったとたんにエントリーシートを忘れたのに気づき戻る
あれだけ皆に「ハンコ忘れんなよ!」って言った本人がハンコを押す紙もってないとは・・・

東名:秦野中井で降り、途中のスタンドでガス補給 
ふととなりを見ると、どうやらポケバイ耐久参加者らしい 
「こんにちは お手柔らかに」 
挨拶を交わし別れた
もう この時は「フフフ オイラのヒザスリでぶっちぎりよ」と余裕であった

現地に到着しチームも全員集合
そして マシンの最終組み立て というかまだブレーキすらなかったので急いで取り付け

・・・この急いで取り付けたブレーキが悲劇を呼ぶ・・・

監督のゆーすけ君(勝手に監督に任命)が他チームのマシンを見てきた
「レバー、アルマイトだし音違うし マシン別モンっすよ」
この時点では
「ハハハ そんならウチはフルメッキかけちゃう?」
なんてまだ余裕こいてました

パドックに入り、中井インターサーキットの社長に頼んどいたスリックタイヤを受け取り
空気を入れ 空気を いれ  くうきが はいらん!!!
どうするんだ コレ 
こんなすりへった中華タイヤじゃ勝てないぞ 
完走すら難しいんではないか? 
ドキドキしながら何度かトライしたら空気はいりました 
が、フロントのブレーキディスクが厚くて組み込めず(泣
結局、前輪は中華タイヤです

そうこうしているうちに他チームもマシン調整が終り、試乗なんぞしております
「はえええぇ!」
もう別のマシンでした
しかし、まだ「直線じゃ速いだろうがコーナーはどうかな?フフフ」
とまだ余裕こいてました 

それじゃウチも練習走行でも・・・
ギャーーー スリックの空気が抜けてる!
もう入れても入れてもダメです つか全然入っていきません
急遽リヤも中華に組み替え
結局中華タイヤで参戦
しかし 「まだまだ負けないぜ 華麗なドリフトテクを見せてやる 全コーナースライドしてやんぜ!」
と比較的余裕側の心持でした

亜理意外のライダー二人はココを走ったことないので残り少ない練習時間で1、2周ずつしてもらった
この高低差もあり、ヘアピンばかりのテクニカルコースに初走で耐久にでるウチら バカかもですね
もう この時は現実を見つめるチカラが戻ってきて
「完走だよ 完走!目標は完走だぜ 最初っからな」
と不安で色んな所がハチキレそうになってました 



ああ いまからコッソリとJOGかなんかのエンジン積んじゃえないかなぁ ブレーキも油圧でさぁ
フレームもメッキで 
アハハハ こっそりNチビで走ってもバレないんじゃない?
ウヒヒ


チームは現実逃避に入りましたので次回 レース編 までお待ちください

ポケバイ耐久前夜

勢いだけで突っ走る亜理の仲間達

そのガソリンを注いでるのは亜理なわけだが・・・

なにしろレースに出場するつもりなのに前日の夜にマシンを組み立て始めるのだから!

そーじろさんと二人でカッティングシートからゼッケンベースをフリーハンドで書き出し

ハンドルを固定するボルトを締め しめ しめてもしめてもハンドルが動くじゃぁないか 

もう少し 締めてみようか なっと  




グニ



ナメました(泣 

いまから練習走行なのにハンドルなけりゃどうするのさー 

もう混乱です

あ そこにある中華モタードのアップハンをぶちこんじゃえー (きっとそーじろさんが言ったはずw) 

でアップハンにしました 

そのままコースに移動してパイーンと練習

走りだしてスグにステップが飛んでいく

キルスイッチが壊れる

パイロンをなぎ倒す 

もうタイヤの山なくなってるし

これどうすんの? 

明日本番ですよー



もうね 今だから言わせてもらうとテクニックよりマシン作り勝負になりそうな気配がしてたんですよ

みんなの目標が優勝から完走に変わっちゃったし 

その完走すら危うい空気が漂ってました



で、もう適当に練習を切り上げ解散

もうマシンが壊れないコトを祈るしかありません 


本番に続く。

« Previous Page Next Page »

プロフィール

-亜理-

Author:-亜理-
ジェットコースターのような人生を送る亜理のマインドガーデンをちょっとだけ見せちゃう                検索できた方はコチラ↓
http://www.geocities.jp/gikouen_7/ きまぐれ更新の本家サイトです

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。